読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圭人くんのお誕生日に、圭人担になる話

 

岡本圭人くん、23歳のお誕生日おめでとう!

 

f:id:dokidokisleep:20160404103153j:image

めでたい、めでたい日です。

めでたい日だからこそ、まず書き記しておきたいことがあります。

 

 

 

私は、圭人くんのお誕生日のこの日に、圭人担になります!

 

ずっとずっと考えていました。

圭人担デビューはこの日にするんだ!と。

 

 

…えー、圭人担のブログだと思って見てくださってる方もいらっしゃると思うのでご説明しますね(笑)

 

私は有岡担でした。JUMPファン/有岡担になったきっかけは話すと相当長くなるし、圭人くんのお誕生日なので今回は割愛しますが、

まあ兎にも角にも私は有岡担でした。

 

ブログの最初の記事にも書きましたが、私はグループでの個々の在り方とか、いわゆるプライベートとビジネスの顔を使い分けなければならないアイドルたちの関係性とか、そういう語るとめんどくさいようなぼんやりしたものを含めてJUMPと嵐のファンをやっています。

ですからグループみんなを愛でたい。欲張りなんです。

 

担当という言葉の強さに怯み、彼氏を作るとほかの男と遊べない悪い女のような顔をして(笑)、あまり担当という言葉を使ってきませんでした。

しかしSNSで自己紹介をするには○○担と名乗ったほうが手っ取り早いのは明らかなので、そういう時に有岡担と言っていました。

 

嵐ですと、私は潤担を名乗ってはいますが、なんならいつも二宮さんのお仕事を見てやーやー言うのが好きです。他のメンバーのお仕事をより熱を持ってチェックしてる時期があるのも普通です。

JUMPもそんな感じで有岡くんを筆頭に、もともと好きな圭人くん、ファンになっておちた高木くんをふんわり応援しようかなと思い、"どちらかというと有岡担"を自称していました。

 

しかし、年越しカウントダウンコンサートのあの日。

きっと私は一生後悔します。圭人くんのグッズがたったの一つも買えなかったこと。それだけ需要があって、売り切れたことはものすごく嬉しいから、買えなかったこと自体は後悔してないけれど…

まさか圭人くんが1番に売り切れるわけないわ~と呑気に構えていた自分が悔しくて悔しくて。

圭人くんを誰よりも応援している自覚があったら?

こんな想いでもやもやしていました。

 

その後、いろいろと勉強するうちに圭人くんの魅力にずぶずぶ浸かっていきました。

好きという気持ちは有岡くんを超えました。

 

圭人くんは、こんなに魅力的なのに、こんなに愛されているのに、

なかなか目に見える形で自分を出せないために とても貪欲です。

自信がないような言葉も多いけれど

私は自信がなくてあの発言をしているとは思っていません。

こうしたいああしたいと思い描く自分もしっかり持ってるし、努力もしてる。

そんなふうにして自分がやってきたことを信じてる。

だからこそもっと愛されたい。興味を持ってもらいたい。知られたい。

自分を見てくれた人のリアクションが一番欲しい。

貪欲で前向きで、メラメラ燃えている…はずです。

 

某雑誌のロングインタビューを読んだ私は、「圭人くんの魅力はこんなにもあるよ!こんなことも出来るし、ここが好きだよ!」と、叫びたくて叫びたくてしょうがなくなりました。

 

圭人くんがどんなに頑張っていても、お仕事がなければ、私たちファンはその頑張りを知ることができません。同じように、私たちがどれだけ心で応援したって、圭人くんの目に耳に入らなければ、圭人くんは実感することはないでしょう。

 

もちろん、飽くなき向上心を持ち合わせた圭人くんは強敵です。たとえファンが急増して、評判が耳に入るくらいじゃ、「いちばん下」だなんていう言葉を使ってしまう彼を満足させません。私だって満足させるつもりもありません。

 

だけど、そんな彼を目を離さずずっと見ていたい。油断したくない。

どんどん進んでいこうとする圭人くんに置いて行かれないように!

そのために、もう後悔しないように、わたしは言霊の力を借りる想いもあって、圭人担と自称することを決めました。

 

皆さん感じ方はそれぞれだと思いますが、私はこの「担当」という 恐ろしく限定的な言葉に縛られることで、前よりもっと、胸を張って圭人くんを好き!と言えるようになった気がします。

 

なにはともあれ私は圭人担になりました。

 

 

 

…かなり重~い内容になりましたが(笑)

誕生日のお祝いと4/1におこなった圭人くん生誕祭の様子はまた次の記事で書かせてもらいます!(この記事さえこんなに引っ張ったのにまだ書くのかよ)

 

ぜひとも次からは、調子に乗って胸を張ってモンペをし、ぴーちくぱーちく言う私をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 言い訳:この記事、ずっと前に書きあげて4/1になったらすぐ投稿するつもりでした。タイミングを逃して加筆修正しているうちにあれよあれよと4/4になってしまい…てへ